2017年11月25日 shotom 0Comment

ミネラルは自分が思っていたよりもずっと奥深い世界でした。まだ分かっていないことももちろんありますが、ここ数年で理解できた部分とその体験をお伝えしたいと思います。
近年まであまりに単位が小さいので体内での働きを知ることが難しかったミネラルは、ここ10年ほどでさまざまな技術が開発され、研究が進みました。自然界のミネラルは土壌に幅広く存在し、江戸時代から明治時代までは農作物を通じて人間の食に取り入れられて、また必要のない分は土に戻る循環を保っていました。
戦後、アメリカによって肥やしを使用することが禁じられ、同時期に化学肥料が普及し、日本の土からミネラルはなくなっていきます。今では慣行農法の野菜や米にはほとんどミネラルは含まれていません。有機栽培の作物でも(おそらく有機肥料の種類によるのでしょうが)少なく、自然栽培や自然農法でしか、たくさんの種類のミネラルが作物に含まれることはありません。
このことが後に自然栽培のコールドプレスジュース屋を始める端緒となりました。つまり、ミネラルとビタミンがたっぷり摂れるジュースでファスティングすれば内臓がよりよく働いてよりデトックスがより進むと考えたのです。残念ながらコールドプレスジュース屋は閉店しましたが、100%自然栽培のコールドプレスジュースの味は最高でしたし、なによりファスティングをした多くの人からとてもよかった、元気になったとの声をいただけました。
人体にとって効果的なミネラルの摂取法とは、たくさんの種類のミネラルを微量でよいので毎日のように摂ることです。
人間のからだには29種類のミネラルが含まれているといわれています。しかし、一種類につき多量のミネラルが必要ということではありません。マグネシウムなど7つの主要ミネラルは、ある程度の量が必要ですが、微量元素と言われるミネラルはほんの少しでからだに必要な機能をもたらしてくれます。
それを毎日少しずつ供給していれば、ミネラルは十分なのです。
そこで、どのミネラルを摂るのがよいか、市販のミネラル製品を片っ端から試しました。
にがりに始まり市販のミネラルでよさそうなものを値段問わず買い求めて10種類以上試したでしょうか。一本がなん万円もするようなものも試しましたが、最も効果を感じたのは、一本700円で2ヶ月はもつだろうという微量ミネラルと、キレートされたマグネシウムの組み合わせでした。
この二つの組み合わせを見つけたのは全くの偶然でした。前から試そうと思っていたミネラルとマグネシウムが同じ日に届いて、いつもなら別々に試すものを、なにかそのときは思い立って両方一時に飲んだのです。その夜は、食事なども普通にしたのに睡眠が3時間で翌日も全く眠くなりませんでした。
”健康的な短眠”は解明したいテーマの一つでしたが、思いがけずそれが起きて、またしばらくの間は短くても快眠の日々が続き、内臓の調子もとてもよかったのでこの組み合わせはよほどバランスがよいのだろうと思いました。何度か量を調整したり、一つだけにしたり、と組み合わせを試みましたが、同時摂取が最も効果的でした。
その後も、この二つを朝晩摂り続ける生活を続け、さらにしばらくやめていた鉄分のドリンク(Floradix)を追加して今も快適に過ごしています。
フローラディクスはドイツ生まれの鉄分補給のためのドリンクで、以前から飲んでいました。鉄分はタンパク質と共に血中のヘモグロビンの材料となるのでとても重要な栄養素です。
個人的に、ミネラルについては Vitamineral Green と Earth、微量元素、キレートされたマグネシウム、そして血流のための鉄のバランスが体感としては最もよかったです。
体質や普段食べている食事によって個人差があると思いますが、鉄やマグネシウムはタンパク質の合成にも必要ですし、現代の食事ではなかなか必要量が摂れないといわれています。
私の場合は特に最近、食事の回数や量が減ってきているのでミネラルは十分に摂るように心がけています。
 
キレートマグネシウム https://iherb.co/2bgBRDhr
微量元素 https://iherb.co/44kEfK39
鉄 https://iherb.co/cMpUyGU(はちみつの入っていないもの)
 
 
脂質編その1に続く