2018年12月16日 stcom 0Comment

これまで私は自分自身のメンテナンスのためにいくつかのデトックスを試してきました。酵素ジュースの断食から始まってジュースクレンズ、ドライファスト、ゼオライト、コリアンダーエキス、腸内洗浄などなど。

自分でやってみて最も効果を感じたのはゼオライト、専用の施設で7日間以上かけて行う腸内洗浄と食事も水も一切摂らない三日間のドライファストでした。どれもインパクトがあり効果的と感じましたが、最近私が現代の健康管理に欠かせないと感じているのがゼオライトによるデトックスです。

ここ数年で、風邪を引いた後に咳や熱の長引く人がとても増えました。今まで風邪を引いた事のない人が風邪を引くという話もよくききます。慢性的な背中の痛みや原因の分からない咳や熱なども増えました。「もう年だから・・・」と言う人も多いのですが、こうした症状がゼオライトのデトックスで軽減した例を私は多く知っています。

もちろん、こういったことは合う合わないがありますから、必ず効果があるというようなものではありません。ただ現代の暮らしは複雑なのでどこでどんなものを体に取り入れているかが分からない事も多く、その排出を定期的に促してあげる事も大切だと思うのです。

今回は私が試したデトックスの中で特に背骨の固さに効いたゼオライトのデトックスを紹介します。

ゼオライトは多孔質のアルカリ性の粘土鉱物の結晶です。ゼオライトはその多孔性により、独自の吸着特性を持つといわれていて、これが重金属や放射性物質などさまざまな体内の物質を吸着して外に出す働きがあると言われる所以です。

ここ何年か私はアメリカから輸入した飲用のゼオライト(Healthforce Nutritionals社)を使用していましたが、廃番となったのか今はそのゼオライトは手に入らなくなっているので、今は別のものをアマゾンで購入しています。

このゼオライトに含まれる天然クリノプチロライトには高い抗ウイルス特性が認められています。ゼオライトの吸着性とイオン交換特性は飲料水の浄化にも使用する事ができるといわれています。

私の場合、三ヶ月に一度はこのゼオライトを二週間飲み続ける事でデトックスを行っています。

症状としては軽い筋肉痛や関節痛が続くとか、朝起きたときになんとなくだるいとか、本当にちょっとしたことなのですが、最高の精神状態と体調を保つために、定期的にデトックスしています。私の場合は摂取を始めてから3日くらい経つと腰や背中がよく動くようになってきます。

一日一回から二回、木製のスプーンで小さじ一杯を少量の水かぬるま湯に溶いて飲みます。超微粉末といえるようなマイクロパウダーなのでスプーンでがしゃがしゃ混ぜていると塊がコップから飛び出したりします。水が白くなったらすぐに全部を飲み干します。余りに水の量が少ないと濃厚な泥水のようになってしまうので、適度に水の量がありかつ一度で飲み干せる量がよいと思います。

味は、粉の味です。笑 おいしくはありませんが、それほど味がないので飲めると思います。

飲むタイミングは、食間。最初は朝起きがけに飲んでいましたが、朝はスムージーやルビージーを飲むので、最近は食事と食事の間のおなかが空いている時間に飲むとより効果が高い感じがしています。飲んだ後1、2時間は何も食べないような時間を狙って飲んでおくとかなりすっきり感があります。飲むタイミングは飲む人の食習慣にもよるので、体感を大事にしながら飲んでいく内にいい感じのタイミングを見つけていくとよいと思います。

量は小さじで普通に一杯です。すり切りより多く、山盛りまで行かず、という感じです。私は身長170センチで体重70キロです。もっと少なくてよい方もいるかもしれません。いつ飲むか、一日に一回か、二回に分けるのがよいのかについて、私がいくつか試した感覚では、昼間のおなかが空いているときに一回、そして夜寝る前などに一回飲んでいたときがもっとも効果を大きく感じました。昼は小さじ一杯、夜は半量以下でもよいようでした。これについても、ライフスタイルや活動時間、食事の習慣などによって変わってくると思うので、最初は一日一回からスタートして、体調をみながら調整をしていくのがよいと思います。

このデトックスの大きな特徴は、背骨が柔らかくなる事、関節痛が軽減することです。背中の張りがなかなか取れないケースや首肩が固まっているような感じ、体幹に近い関節が詰まっているような感覚があるときに飲むと、関節が緩んですっきりとします。

私はバックベンドやブリッジが昔から好きで、体を動かすときに背骨の可動域をしっかり動かすと全身のバランスが取れて充実した感覚になるのですが、ここ数年はブリッジをしても同じようなすっきりとした感覚がでない事があり、不思議に思っていました。が、ゼオライトのデトックスを始めるとわずか数日でまたバランスの取れた感覚が戻ってきます。

背骨がうまく動かなくなってくると肩や股関節などにも影響が出てきます。疲れやすくなったり、筋肉痛のような状態がなかなか治らなかったりします。こうした関節や筋肉の症状もゼオライトのデトックスで解消しています。私の場合、4ヶ月前に可動域の拡げすぎで肩関節を痛めてしまって、しばらくトレーニングをしていないのですが、その間にも二回ゼオライトを飲んで肩が楽になったのを覚えています。

熱が出ると微熱が1、2週間つづいてなかなか平熱に戻らない、一度風邪を引くと体は治っているのに咳だけが3週間続いた、朝起きたときの疲れやだるさが前よりも増してきている、すぐに風邪を引くようになった、筋肉痛が治りにくくなった、などの症状にもゼオライトデトックスがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です