Unified Consciousness Research Institute

統合意識研究所

本質に至る道

私たちの本質は意識だ。

肉体は私たちではない。


名前や顔、思考、言葉の中に私たちはいない。

バラを観て美しいと思うとき、その思いに至る前の存在が私たちの本質だ。


私たち人間は大海をさまよう小舟のように波に揺られる。

だがひとたび本質に到達すれば波など初めから

存在していなかったことに気づく。


全ての疑問が氷解し、永遠の今に在り続けるのみとなる。


もしあなたがこの現実世界という大海をさまよい続けることに疲れ

意識の根源に到達したいと思うなら、

統合意識研究所のワークがあなたに本質への道を指し示すだろう。


統合意識研究所では四つのワークを提供している

瞑想・體・感情・現実創造


本質に至る道は決して難解なものではない。

一つ一つはシンプルなものだ。


この道を通じて、あなたはあなたが誰であるかを知ることになる。

あなたの意識は統合される。


Neosho

EVENTS & WORKSHOP

京都・明水庵でのセッション、ONLINEでのセッションについて予約・問い合わせはウテラサイトをご覧ください

※COVID-19コロナウィルスによる影響が全国各地に出ているため、オンライン開催、延期のイベントがあります

予約/問い合わせ
https://www.utera.jp/neosho

 

 

四つのワーク

健康
WELLNESS

創造
CREATION

セッション、ワークショップ、講座のスケジュールの問い合わせとご予約はウテラサイトへ

About Neosho

モロッコ生まれ。幼少より世界各地を転々として生活し、様々な文化や生活習慣を体験。9歳の時に、『いかに文化や生活習慣が異なっていても、地球に住むあらゆる民族にとって共通するなにかを見つけたい。』と強く思ったことをきっかけに本を読みあさり、10歳の夏、『老子』に出会う。万物の根源、そこに存在するといわれる「氣」が、人間のエネルギーの根底にあると確信し、16歳から気功を習い始める。

大学時代はジャズを学びに渡米、ニューヨーク滞在中に瞑想に目覚め、帰国して医療気功を学ぶ。遼寧中医大学認定気功師となった後、ホリスティックな観点から體と意識を統合するためのセッションを行い、体調の回復と健康維持の方法を伝える活動を開始する。独自の研究を積み重ねて2007年、骨格を緩めることで人体の奥に流れる治癒力を引き出す整体法コアフロー・セラピーを開発する。

2009年12月20日の早朝、地下鉄の駅でワンネスを体験し価値観が180度転換する。その後、声の振動を使ったサウンドセラピーを創始、同時に2つから4つの音を奏でて体内の奥深くを振動で調整する手法を編み出す。

数年後、自然と肉体が調和する振動で體を整える新しい施術ナノフロー・セラピーを開発する。2014年に感情エネルギーを使った肉体と精神の調整法を見つけ、感情のアルケミーとして過去の感情や現在の感情を自分の変容のエネルギー源とする方法を開発する。

2019年12月20日、瞑想中に突然あらゆる疑問がなくなり、目覚めた者となる。

現在は京都を中心に全国各地で講座やセッションを行い、瞑想や感情のアルケミーなどを教えている。

SUBSCRIBE TO OUR MONTHLY NEWS LETTER

ニュースレターに登録

メニューを閉じる