Unified Consciousness Research Institute

統合意識研究所

本質に至る道

 

私たちの本質は意識だ。

肉体は私たちではない。

名前や顔、思考、言葉の中に私たちはいない。

バラを観て美しいと思うとき、その思いに至る前の存在が私たちの本質だ。

 

私たち人間は大海をさまよう小舟のように波に揺られる。

だがひとたび本質に到達すれば波など初めから

存在していなかったことに気づく。

全ての疑問が氷解し、永遠の今に在り続けるのみとなる。

 

もしあなたがこの現実世界という大海をさまよい続けることに

疲れていて、意識の根源に到達したいと思うならば、

統合意識研究所のワークがあなたに本質への道を指し示すだろう。

 

あなたは統合意識研究所でたくさんのことを学び実践するようになる。

あなたは瞑想について知る必要がある。

あなたは肉体をどのように維持するかを決める必要がある。

あなたは自らの感情とどのようにつきあっていくかを決断する必要がある。

あなたはこの世界がどのようにしてできているか、

意識と自分の世界との関係性を知る必要がある。

 

本質に至る道は決して難解なものではない。

一つ一つはシンプルなものだ。

しかし、これら四つの要素は、あなたにとって重要なものであり、

欠かすことのできないことだ。

 

この道を通じて、あなたはあなたが誰であるかを知ることになる。

あなたの意識は統合される。

 

 

Neosho

 

EVENTS & WORKSHOP

Meditation

瞑想とは静寂のアートだ。瞑想を通じてのみ明らかにされる世界が存在する。瞑想にはさまざまなアプローチがあるが、本質は一つだけだ。それは、根源に到達することだ。あらゆる瞑想が、このたった一つの目的のために存在する。統合意識研究所では4つの瞑想を教えている。 

世界 The World

あなたは自らの意識が創り上げた世界を体験している。この世界とは、あなたの意識の反映に他ならない。もしこの世界があなたの意識が創っていないと考えるならば、あなたはこの世界を創った上で自らの責任を手放しているだけだ。あなたが創る世界は隣の誰かが創る世界とは似ていても異なっている。あなたは夢ははかないと思うが現実はソリッドだと思い込んでいる。夢で体験するのも、この世界で体験するのも、どちらも魂にとっては同じだ。ではなぜこの世界が存在するのか。どうして夢と違う「現実感」がなくてはならないのか。世界の創造の疑問を解決することであなたはこの世界を信頼するようになる。

 

ブレーン・コンシャスネスの原理 Principle of Brane Cosciousness

感情 The Emotion

 感情にとらわれたまま生きることは、ハートを牢獄につないでおくようなものだ。あなたがもし日常的に感情の過剰な高まりを感じているならば、過去の感情が今の状態に何かしらの影響を与えているということだ。過去の感情から完全に解き放たれると、あなたのハートは世界を取り戻す。あなたの魂は「今」を生き始める。感情とは生体に生じるエネルギーであり、誰の身にも感情的な出来事が起きるのはそのような生体エネルギーの隆起が必要だからだ。感情とは変容のための純粋なエネルギーだ。感情を知り、感情エネルギーをどうすれば自分の変容の糧として用いることができるようになるかを知ることは、本質に至るための最も重要なステップである。

 
 

Coreflow2.0

コアフロー2.0は、骨盤と頭蓋骨の調整を目的としたコアフロー・セラピーから発展した対面施術で、筋肉が本来持っている緩んでいく働きを声の振動によって促進する技術です。手の届かない場所の緊張を的確な手技と振動によって緩めて、体内の自己回復の流れ、Flow(フロー)を最大限に引き起こします。Flowが起きることで體は本来の姿、常に働き続けている自己治癒力が蘇ります。體が緩むことは肉体的な苦痛を和らげ、精神にも安心感をもたらします。

Flow Life

 フロー・ライフ・セミナーフロー・ライフ・プログラムでは、肉体と精神の両方からアプローチして人生における最高の状態を更新するためのメソッドをお伝えします。の変換を恒久的に起こし続けることができるのかを学びます。

 

セッション、ワークショップ、講座のスケジュールのお問い合わせとご予約はUTERAサイトからお申し込みいただけます

View on mountains from Corcovado, Rio de Janeiro, Brazil

About us

私たちは誰もが「平和でありたい」と想い、「世界が平和であるように」と願っています。

この美しい地球に住む生命体として平和を望み平和への道を選ぶことは人間本来の在り方です。私たちはこれからどのような世界を創っていくのか、その源の力は私たち自身にあります。

統合意識研究所はこの世界における平和の在り方を探求し、その方法を提供するために創立されました。

人間の意識と現実世界の仕組み理解し、體と心をさまざまな視点から捉えまた整えることで私たちは自己の本質に目覚め、この世界が愛と調和によってできているということを思い出すことができます。

毎日を『内なる平和』と共に生きる生き方を通じてバランスよく意識を統合すること、そしてその調和的な生き方が広がっていくことが統合意識研究所の願いです。

統合意識研究所 

所長 富田 しょう

富田 しょう PROFILE

モロッコ生まれ。幼少より世界各地を転々として生活し、様々な文化や生活習慣を体験。9歳の時に、『いかに文化や生活習慣が異なっていても、地球に住むあらゆる民族にとって共通するなにかを見つけたい。』と強く思ったことをきっかけに本を読みあさり、10歳の夏、『老子』に出会う。万物の根源、そこに存在するといわれる「氣」が、人間のエネルギーの根底にあると確信し、16歳から気功を習い始める。

大学時代はジャズを学びに渡米、ニューヨーク滞在中に瞑想に目覚め、帰国して医療気功を学ぶ。遼寧中医大学認定気功師となった後、ホリスティックな観点から體と意識を統合するためのセッションを行い、体調の回復と健康維持の方法を伝える活動を開始する。独自の研究を積み重ねて2007年、骨格を緩めることで人体の奥に流れる治癒力を引き出す整体法コアフロー・セラピーを開発する。

2009年12月20日の早朝、地下鉄の駅でワンネスを体験し価値観が180度転換する。その後、声の振動を使ったサウンドセラピーを創始、同時に2つから4つの音を奏でて体内の奥深くを振動で調整する手法を編み出す。

数年後、自然と肉体が調和する振動で體を整える新しい施術ナノフロー・セラピーを開発する。2014年に感情エネルギーを使った肉体と精神の調整法を見つけ、感情のアルケミーとして過去の感情や現在の感情を自分の変容のエネルギー源とする方法を開発する。

ワンネスの体験から10年後の2019年12月20日、あらゆる価値観を超えた実存に到達し、自由となる。

現在は京都を中心に全国各地で講座やセッションを行い、瞑想や感情のアルケミーなどを教えている。

SUBSCRIBE TO OUR NEWLETTER

ユニコン(統合意識研究所)のニュースレター

 

新着情報のニュースレターをお送りしています(不定期)

メニューを閉じる