Let Go Of Your God

神を手放しなさい。これは人類がパラダイスを生きるための最後の試練だ。

そもそもはじめから神は存在しない。ここには、「今」しか存在しないのだ。宇宙の始まりも、世界の始まりもない。ただあるのは「今」だけだ。

人類は神を創り上げることで自身の創造性を手放した。今その創造性を取り戻すときが来ている。

この世界はあなたの絶え間ないクリエイションによって形作られている。この地球に住む77億人のだれもがこの世界を創り続けている。

あなたがこの世界からいなくなったとき、この世界はどうなるだろうか?何事もなかったかのように続いていくのか?それともなにかしらの変化が起きるのか。

あなたがこの世界からいなくなるということは、この世界の担い手が一人減るということだ。あなたがこの世界からいなくなったとき、この現実の密度が77億分の1だけ下がる。

この世界を創ったのは神でもビッグバンでもない。あなたであり私だ。

私たちは今もなお、現実を一瞬一瞬創り続けている。そのクリエイティビティに妥協はない。今と全く同じ整合性を持った現実をその次の瞬間に創ることで、私たちは現実を一つの連なった生として認識しているのだ。

あなたはなにか良いことがあったときに神を称え、なにか悪いことがあったときに神を罵るか黙ってやり過ごそうとする。自らのクリエイションを手放してこの世界で起きている事を誰かのせいにしている。高々とこぶしを振り上げ、声を枯らして他人を批判しても、そこに広がるのは空虚さだけだ。

この世界に蔓延する宗教の多くは、神仏を信じれば救われる、と教える。1000年も2000年も騙され続けて、まだ騙されようというのか。誰もあなたを救うことはできない。あなたを救うことができるのはあなただけだ。

あなたは手の届く範囲は努力して変えられるが地球の裏側のことは変えられないという。それは幻想だ。あなたが地球そのものであり、地球で起きているあらゆることをクリエイトしていることを思い出せば、あらゆることが変化していくだろう。

神を手放しなさい。神頼みをやめることだ。

神聖さはあなた自身の内側にある。意思を向かわせる対象が必要ならば、せめて自分自身の神聖さに意識を向けることだ。しかし、すべては一体なのだ。この地球も、自然も、肉体も、意識も。あなたはただ一つであればいい。

この世界に起きているあらゆることは、あなた自身が魂の体験として起こしているということを受け容れなさい。そうすればあなたの世界はあなただけのものになる。本当の自由があなたを待っている。

この惑星に住む77億人の魂のすべてが、この世界に起きているあらゆる出来事を自分自身の選択によってクリエイトしているということを受け容れたらどうなるだろうか。あなたが神にそそいできた愛をただ一番近くにいる人にそそいだら、この世界はどうなるだろうか。

飢餓、貧困、戦争、生命を抑圧するものがすべてなくなるだろう。この世界は一瞬にしてパラダイスとなる。

Neosho

メニューを閉じる